【子宝風水】子宝運を上げるなら”寝室”が重要|ベッドの配置からカーテン、照明まで

子どもは授かりものといいますが、妊活をしてもなかなか授からないと焦ってしまいますよね。

「これを実践すれば必ず子宝に恵まれる」という方法はありません。

しかし、「子どもに恵まれない」「子宝運がない」と悩んでいる人は、風水の力を取り入れてみてください。

風水的に、子宝運を上げるなら寝室を改善するのがよいとされています。

そこでこの記事では、具体的にどのように改善して子宝運を上げるのかについて、風水の視点から解説。

子どもを授かるために少しでも何かやってみたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

このご時世で「電話占い」が業界でブームです
【当たる占い師ならカリス】
①あらゆる角度から運命を読み、未来を拓く実力
②初回10分(最大2,400円分)が無料
③スピリチュアルタロットを得意にしている先生
初めての方は初回特典がありオススメ

\いまなら初回10分のポイントが無料でお得!/
提供元:ティファレト

家全体の運気を握る"風水3大スポット"は「玄関」「寝室」「台所」

家全体の運気を上げるには、「玄関」「寝室」「台所」3つのスポットが重要です。

風水には、場所を清潔に保つという考えが根付いているので、汚れたまま放置しないのが基本ですよ。

玄関は運気の入り口と呼ばれ、家全体の運気に関わる場所。

また、家と外を繋ぐ玄関は、社会的な成功や縁を呼び込むともいわれています。

靴を出しっぱなしにしたり、濡れた傘を置きっぱなしにしたりすると、運気が下がるので気をつけましょう。

つぎに、台所は水と火を扱う場所で、気の流れが不安定になりやすい場所だとされています。

家全体の運気だけでなく、健康運を左右する重要なスポット。

たとえば、シンクは金運、ガスコンロやIHは健康運に影響します。

台所を清潔に保つことで、運気がよい方向に向かっていきますよ。

また、寝室も長い時間を過ごす場所なので、運気が変化しやすい場所です。

寝室は、外からの影響で引き寄せてしまった悪い運気を払い、運を上向きに変えていく場所だといわれています。

悩みを抱えている人、暗い気持ちのまま過ごしている人は、寝室の環境を変えるのも検討しましょう。

子宝に恵まれるなら寝室を見直そう

寝室は毎日過ごす場所なので、運気をよい方向に変化させるためには、早めに行動しましょう。

風水では、物を設置する場所や色などを意識することで、運気を上向きにできます。

部屋のレイアウトを変えたり、色を変えたりすると気分転換にもなりますよ。

子宝に恵まれない悩みを抱えている人は、まずは形から変化を取り入れてみてくださいね。

【子宝風水】効果的な方角とは

子宝風水では、北、東北、南西の方角を意識した取り組みがポイントです。

とくに、北は子宝運をアップさせる方角になっています。

子宝運と深い結びつきがある寝室は、家の北側に設置するのがおすすめです。

しかし、家の構造上の都合で、どうしても寝室が北側にならない場合も。

部屋を動かせない場合は、ベッドを部屋の中の北側に設置できれば問題ありません。

また、子宝運をアップさせる方法の一つに、家の西側を明るくするというものがあります。

できる範囲で、方角を意識した部屋づくりを目指しましょう。

【子宝風水】寝室インテリア別に授かり運を上げる方法を紹介

子宝運を意識した寝室作りについて、インテリア別に詳しくみていきましょう。

具体的には、ベッド、照明、カーテン、観葉植物がポイントです。

設置場所や色などに注目しながら、運気アップのための寝室づくりをしましょう。

風水的に間違った使い方をしている場合は、ぜひ改善してみてくださいね。

ベッドの場合

ベッドはシングルベッドを繋ぎ合わせるのではなく、夫婦で一緒に寝られるサイズがおすすめです。

ベッドを配置するときには、壁にぴったりとくっつけて配置すると、穏やかな気の流れの中で就寝できますよ。

布団は、ベッドのように壁についていなくても問題はありません。

カバーやシーツは、温もりを感じられる暖色を使い、青のような寒色カラーは控えましょう。

また、枕は北向きか東向きがおすすめです。

昔から「北枕は縁起が悪い」といわれることがあります。

しかし、子宝風水的にみると、北側は縁起のよい方角になるので安心してくださいね。

寝室の位置は、1階よりも2階が望ましいといわれています。

寝室が空に近づくと、天からのよい運気を受けやすいからです。

これから家を新築する人や引っ越しを考えている人、今からでも寝室を移動できる人はぜひ意識してみてください。

「北の方位に赤い実を置いて、盛り塩をする」

風水では、寝室の北側に赤い実を置いて盛り塩をすると、子宝に恵まれるといわれています。

北は子宝と深い関係があり、とくに受胎を意味する方角です。

赤い実には、ざくろ桃の実を用意するようにしましょう。

盛り塩に使用する塩は、粗塩のようにあまり加工されていない天然のものを用意すると効果的です。

定期的に布団を干すのも重要

布団やマットレスなどは、定期的に干すようにしましょう。

湿気がこもった布団は、悪い気を引き寄せる原因です。

晴れた日に布団やシーツを太陽の日差しに当てると、太陽からパワーをもらえます。

太陽の光には運気を高める効果があるので、定期的に天日干しするのがおすすめ。

また、布団だけでなく枕も一緒に干すと、運気アップに効果的です。

照明の場合

照明は白く強い光を放つものではなく、やわらかい光の電球色を使いましょう。

温もりを感じられる照明を使うことで、リラックス効果も期待できます。

寝室では、昼のイメージをもつ白い光より、オレンジがかった電球色が適していますよ。

カーテンの場合

カーテンには、部屋にあるよい気を閉じ込めて逃がさないという効果があります。

二重構造になっているカーテンを使うと、より効果が高まるのでおすすめです。

色は青や黒のような暗い印象のものではなく、ピンクやオレンジのような暖色を選びましょう。

観葉植物の場合

おしゃれな部屋を演出してくれる観葉植物ですが、寝室に置く場合には注意が必要です。

観葉植物の葉の形、葉の向きによって風水的な意味が変わります。

寝室に緑がほしいという人のおすすめなのが、丸く下向きの葉がついている植物です。

丸い葉には、心を落ち着かせてリラックスさせる効果があります。

下向きの葉は、隠の性質があるとされ、こちらも気分を落ち着かせる効果があり就寝時にぴったり。

また、観葉植物を置く場所は、部屋の南西にあたる場所が最適ですよ。

子宝風水的NGな寝室づくりと対策法

風水的に子宝運を下げてしまうNGな寝室づくりについて解説します。

なかなか子どもができず悩んでいる人は、NGな行動をしていないかチェックしてみてください。

環境を整えて、子宝運を意識した寝室づくりを目指しましょう。

ジャージで寝る

一見関係がないように思えるパジャマですが、子宝風水ではパジャマにも運気上昇のヒントが隠されています。

ジャージ、ただのシャツだけを着て寝るのはNGなので注意しましょう。

運気を呼び込みやすいとされる襟付きのパジャマを選んでみてください。

また、リボンの装飾があるものを身につけると、パートナーとの愛が深まり、子宝に恵まれやすくなりますよ。

色はオレンジやベージュ、ピンクなどのパステルカラーがおすすめです。

淡く温かさを感じる色は、気分を落ち着かせる以外にも、子宝を授かりたいときにおすすめの色です。

ベッドがスチール製

スチール製のベッドはシンプルなデザインが人気ですが、子宝運をアップさせるためのベッドとしては不向き。

おすすめは木製ベッドで、明るさを感じる色合いやデザインのものになります。

温もりを感じられる木の材質は、自然のエネルギーや運気を取り入れやすくなるといわれています。

大地のエネルギーは運気を上昇させるので、子宝運をアップさせたい場合には木製ベッドにしましょう。

鏡を置く

玄関に鏡を置くと、健康運をアップさせる効果があります。

しかし、子宝風水では、寝室に鏡を置くのはNG

鏡があることで、就寝中に気が乱れてしまうリスクがあるからです。

寝室には鏡を置かないか、置いていても布で隠すといった対策をしましょう。

また、布団が映り込む位置に鏡を設置するのもNGです。

重たいドレッサーは移動が大変ですが、子宝運をアップさせるために、鏡の配置には気をつけましょう。

どうしても鏡を置きたい場合は、三面鏡のように折りたためる鏡がおすすめです。

蛍光灯を使っている

寝室の明かりを、白い光を放つ蛍光灯にするのはNGです。

できるだけシーリングライトや間接照明を使い、温かみのある電球色の明かりを使いましょう。

蛍光灯を交換できない場合には、温もりを感じる間接照明を積極的に置くと効果的です。

カーテンを閉めっぱなしにする

「寝室は夜にしか使わないから」という理由で、カーテンを閉めっぱなしで生活している人もいます。

しかし、風水的にはカーテンを閉めっぱなしにするのはNGです。

カーテンを開けて換気をすると、悪い気を逃し、よい気を引き入れてくれます。

よい気を逃さないように、日中はカーテンを開け、暗くなる前にカーテンを閉めるようにしましょう。

ストライプまたはモノトーン系カーテンを使う

シックで落ち着いた印象を与えるストライプ、モノトーン系のカーテンはNGです。

縦に線が入っているストライプ柄は、分離や不仲といった印象を与えてしまいます。

夫婦で過ごす寝室には不向きな柄なので、ストライプ柄が好きな人は別の部屋に設置しましょう。

また、モノトーン系は暗いイメージを与えてしまうので、寝室に使うのはNGです。

柄物のカーテンが好きな人には、主張しすぎない花柄やリーフ柄がおすすめ。

カーテンの色は黄色やオレンジ、ピンクなどの温もりを感じられるものにしましょう。

カーテンを留めるタッセルにも、明るめの色を使ってみるのがポイントです。

【子宝風水】寝室以外に子宝に恵まれる場所と対策法

子宝運を高めるために最適な場所は寝室ですが、トイレと玄関にも子宝運に関わる風水的なポイントがあります。

さらに、子宝運をアップさせるために、トイレと玄関の風水対策もチェックしましょう。

どちらも汚れやすい場所なので、毎日清潔に保つことで運気アップを狙えますよ。

それぞれの対策についてみていきましょう。

トイレの場合

トイレは汚れが溜まりやすい場所なので、こまめな掃除が必要です。

掃除をして清潔さを保つのは風水の基本でもあるので、常に意識しておくようにしてください。

汚れている場所からは、い運気が流れ込んでくることがないので、常に清潔を心がけましょう。

風水では、水曜日と金曜日はお互いを高め合うとされ、金運をアップさせるならトイレを綺麗にするとよいといわれています。

金運はお金だけでなく、宝を意味するので子宝運にも関わっていますよ。

玄関の場合

玄関の場合も、トイレと同じく清潔さを保つことが重要です。

靴は靴箱にしまい、濡れた傘やレインブーツなどを放置しないように気をつけましょう。

玄関マットの色にもポイントがあり、暖色を取り入れるのがおすすめです。

また、マットは定期的に洗うようにし、1年使ったら新しいものに換えましょう。

玄関を飾りたいときには、よい気を運んでくれる生花縁起がいい干支の置物がおすすめです。

【子宝風水】家全体の運気を上げるなら断捨離をしよう

断捨離をすると、気の流れがスムーズになるといわれています。

古くなったものや使っていないものは、定期的に見直して処分するようにしましょう。

断捨離をする場所としてとくにおすすめなのが、気の入り口と呼ばれている玄関です。

汚れやすいトイレ、人が集まりやすいリビングの断捨離でも家全体の運気がアップしますよ。

また、断捨離は運気だけではなく、心にも影響します。

掃除をしたあとで、スッキリとした感覚を感じたことがある人は多いのではないでしょうか。

断捨離には、よい運気を呼び寄せて、心を穏やかにするといったメリットがあります。

【子宝風水まとめ】寝室を見直して授かり運を上げよう

子どもを授からずに悩んでいる人は、寝室から運気アップを目指してみるのがおすすめです。

寝室で使うものは、明るさや温もりを感じられる色、材質にこだわって選びましょう。

子宝運と結びつきがあるのは、北の方角ということを覚えておくと、運気を上げる寝室づくりがしやすくなりますよ。

運気が下がるNG行動をしてしまっていた場合には、早めに改善して寝室の環境を整えましょう。

運気を上げつつ、リラックスした状態を保つことで、授かり運が上昇していきます。

本記事を参考に、子宝運を上昇させる寝室づくりに取り組んでみてくださいね。

マイスタ編集部おすすめ! 復縁・恋愛鑑定が本当に当たる占い師!
ウィルピュアリ ヴェルニ
おすすめの記事

▼使ってよかった占いサイト
LINEが占いに参加!
期間限定!LINEから無料で本格診断!
\最大10分無料/