第3回 歌うまグランプリ 結果発表!

 

 

 ✨結果発表✨

グランプリ賞:下舘夏希さん

審査員賞:大瀧佳奈さん、菅原優也さん(2部門受賞)

おめでとうごさいます!!

 

 

↓↓↓審査員からのコメント内容は以下をチェック↓↓↓

 

審査員:Carlos K.

1985年、音楽好きの日本人の両親のもとブラジルで生まれる。 6歳で帰国後、小学校教諭である母からピアノを教わり始めたが「誰かが作った曲を弾くよりも、自分で 作ったほうが面白いのでは」と考え、独学にシフト。小学生のうちに初めて作曲を経験。 13歳からシンセサイザーを用いた楽曲制作に取り組むとともに、ライブ活動を開始。 東京の大学在学中、1年間再びブラジルへ渡り現地の音楽を吸収して帰国。自身のバンド活動と並行し てR&BやHIPHOPのトラック制作を中心にクラブシンガーやラッパーへの楽曲提供を皮切りにプロとし ての活動をスタート。大学卒業と同時に、花王「ヘルシアスパークリング」のCMソングに抜擢されたことをきっかけに、遊助 やClariSなど、徐々にメジャーアーティストへの楽曲提供を始める。 2011年、作曲を手がけた板野友美のデビューシングル「Dear J」が大ヒット。 その後は、E-girlsやLittle Glee Monster、Crystal Kayといったアーティストや、AKB48や乃木坂46、 CYBERJAPAN DANCERSなどのアイドルまで、一度で聴いた者の心を掴む印象的なメロディ作りや重 厚で広がりのある編曲を武器に、幅広くプロデュースに携わってきた。2015年には、シングルセールTOP20に、AKB48のシングル曲「Green Flash」を始め3曲(カップリング を含めると5曲)チャートイン。オリコン年間ランキング 作曲家部門1位を記録。 2016年、作曲及び編曲を手がけた西野カナ『あなたの好きなところ』が「レコード大賞」を受賞。現在は、BeverlyやHYDEなど多くのTVタイアップにて耳にする国内アーティストの楽曲制作の傍ら、ブ ラジルや海外のメジャーアーティストとの楽曲制作や、映像作品の演出も行っている、今最も注目され ている若手音楽プロデューサーである。

*グランプリへのコメント

グランプリ:下舘夏希さん

動画:https://bit.ly/2S8EcSM

とても伸びやかな歌声で素敵でした。Bメロからサビにかけてとても良いと思います。綺麗な歌声をされていますが、もしかしたらもう少し良い意味で特徴をつけられたら良くなるのではと思います。Aメロ部分などもただ流れて聞こえてしまう部分もあるので、Aメロからもっとドラマチックに歌っても良いのかなと思いました。もっと、ご本人さまの特徴や、感情、歌を自分に取り入れて表現することができれば、もっと素敵な世界を見せてくれるのでは無いか、そのように期待をしてしまうと同時に、透き通った歌声個人的に魅力的ですので、今後のご活躍を楽しみにしています。

*Carlos K.賞受賞者へコメント

受賞者:菅原優也さん

動画:https://bit.ly/2PQ06Z0

全体的に歌のクオリティが高かったので選ばさせていただきました。とても伸びやかで素敵な歌声だと思います。ピッチもいいし、ビブラートも綺麗にかかっていると思います。全体的には良いのですが少し丁寧すぎるかもしれないので、もう少し自信を持って、サビなど高揚感のある歌い方でトライしてみるのも良いかもしれません。もっといろいろな曲を聞いてみたいな、と思わせてしまうような歌声だと個人的に思いました。これからの活躍を期待しています。

 


審査員:杉本陽里子

音楽ディレクター

1982年生まれ。2005年より国内メジャーレコード会社、ビクターエンタテインメント入社。セールスやPR業務を経て、サカナクション、木村カエラ、家入レオ等の制作ディレクターを務める。2016年フリーのディレクターとして独立。楽曲やアーティストプロデュースの他、フェスやメディア、店舗における音楽やビジュアルのディレクションも行う。カルチャーMIX型の音楽パーティ「CULPOOL(カルプール)」のオーガナイザーとしても活動している。

*グランプリへのコメント

グランプリ:下舘夏希さん

動画:https://bit.ly/2S8EcSM

とてもマイルド。味わいが美味しい歌でした。歌いながら醸し出すムードがとてもいいですね。また、歌を通して言葉をしっかり伝えられる方だと感じました。ゆえに複雑な詞の曲などにもぜひ挑戦して欲しいなと思いました。映像ではまだ自信がないところも垣間見えますが、自分が歌を通して伝えたいことを明確に持って、この声で包み込めばたくさんの人に届く歌を歌うことになるのではと思います。

*杉本陽里子賞受賞者へコメント

受賞者:大瀧佳奈さん

動画:https://bit.ly/2Et9Mql

この声の中には音程によって「かわいい」「切ない部分」「かっこいい」などなど魅力的な要素がたくさん詰まっていて、パワーと「切なさ」や「泣き」が共存していて、否が応でも歌が心の真ん中に飛び込んできました。心の底から振り絞るように歌ってる感じも表情もナチュラルで、とても好きです。歌が心の叫びのように聞こえる表現はとても素晴らしいです。もっとまとめない唄い方、もっとまとめた唄い方どっちも聞いてみたいです。

 


 

審査員:塚田良平

Vocal/音楽プロデューサー/(株)コンテッツァ代表取締役

東京藝術大学音楽学部卒。声楽家として「長野オリンピック」開会式や多数のオペラ・コンサートに出演。その後メジャーレーベルよりユニットのVo.としてデビュー。「天才てれびくんMAX」「おかあさんといっしょ」他、映画「人狼ゲーム」他多数のテレビ・映画・CM・ミュージカルの音楽プロデュース。プロデュース&ディレクションアーティストはEXILE・AAA・白石麻衣・Da-iCE・Dream5・茅原実里・相葉弘樹・崎山つばさ他多数。大手レコード会社やプロダクションの育成やアドバイザーを担当。近年のテレビ出演はテレ朝「ラストアイドル」、テレ東「ガチだん!」、毎日放送「マンモスター」現在、名古屋音大特任准教授・洗足学園音大・桜美林大講師。

*グランプリへのコメント

グランプリ:下舘夏希さん

動画:https://bit.ly/2S8EcSM
声の艶感と表情がとても良いですね〜。腹式呼吸と口腔の中のフォームの形成、そこに向けての音の通路作りを開発すると喉に負担なく音圧も音量も生まれ、喉の緊張が減るので音程も良くなり声の表現の幅もかなり広がると思います。口腔からヘッドへの送り込みはその次ですが、先ずは体と呼吸のトレーニングと発声の仕組みを勉強することで、さらに素晴らしい声を聴いて頂く方に提供出来ると思いますよ。あと、言葉を入れるタイミング…リズムも勉強すると楽器とのズレが無くなり、聴いてる方へより心地よい歌を提供出来ます。今後もっとスキルアップしたい場合はダメ出しを貰うのではなく、是非クオリティが上がる自分の育成法をプロより習ってみてはいかがでしょう。これからもステキな歌を沢山の人達に届けて下さい!

*塚田良平賞受賞者へコメント

受賞者:菅原優也さん

動画:https://bit.ly/2PQ06Z0
根本上手ですね。歌っている姿が無かったのでどういった方か全く分からず…ただ安定感がとてもある歌唱だと思いました。声も表現も音程感やタイミング等とても勉強されてる感じがしました。ただ一点気になったのはキーの事です。もう少し美味しいキーがあると思います。欲を言えば中西保志さんやカバーされてる方々のようにある程度高音を聴かせつつ、表現としての「熱さ」を魅せる…その方がより聴いてる方々心を打つ(惹き込める)と思います。とてもストレートな誰にでも伝わる歌詞と心を打つメロディーラインとコード進行なので、今後はキー設定も重要なポイントですので是非頭に入れておいて下さい!

 


 

審査員からのコメントは以上となります✨
受賞されました皆様、今後のご活躍をお祈り申し上げます😊

mystaではこれからも沢山のチャレンジをご用意しております✨
皆様のご参加、心よりお待ちしております❗❗

 

 

App Store からダウンロードGoogle Play で手に入れよう