転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないこと5選!好印象のコツとは?

転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないこと5選!好印象のコツとは?

「転職エージェントの面談でやってはいけないことはある?」

「面談する際、どんなところに気をつければいい?」

初めて転職する方の中で、転職エージェントとの面談に対してこのような疑問を抱える方も多いのではないでしょうか?

エージェントとの面談は、リラックスしながら話せるとはいえ、絶対にやってはいけないことがあります。転職活動で優先的なサポートを受けるためにも、NG行動は事前に把握しておきたいものです。

そこでこの記事では、転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないこと5つをご紹介し、好印象をもたれるポイントまで解説していきます。

転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないこと

転職エージェントとの面談は、今後の転職活動をスムーズに行うために必要な項目です。

ここでは、転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないことを5つご紹介します。

①遅刻をする

1つ目は、面談時間に遅刻をすることです。

転職エージェントとの面談に限らず、時間を守るのは社会人として当たり前のことです。面談に遅刻してしまうようなことになると、当たり前のことができない人という認識を持たれてしまいます

もしあなたがキャリアアドバイザーだとして、遅刻をする人を、企業に紹介できるでしょうか?キャリアアドバイザーからの好感度が下がれば、親身なサポートを受けられなくなります。

面談は約束した時間の5分前に到着するのがベストです。万が一遅れてしまいそうな場合は、必ず時間前に連絡を入れましょう。

②嘘をつく・経歴を偽る

2つ目は、面談時に嘘をついたり経歴を偽ったりする行為です。

特に、メールや電話で伝えた内容や登録した経歴、プロフィール、スキルなどの情報は、全て転職エージェントに記録されます。

嘘をついてしまうと、実際に記録している情報と異なることから、違和感を与えてしまいます。結果的に「嘘をついた」という事実が、信頼関係を壊すもとになるため、キャリアアドバイザーから見捨てられてしまう可能性が高いのです。

嘘や経歴を詐称する行為は、自分の転職活動の首を絞める行為となるため、絶対にやめましょう。

③不満や愚痴が多い

3つ目は、担当のキャリアアドバイザーに不満や愚痴を多くいうことです。

不満や愚痴を聞かされている側はいい気分にはなりませんし、それを聞いたアドバイザーは「性格に難があるのでは」と判断してしまいます。

要注意人物と認識されれば、優良企業を紹介してもらえません。

そもそも、転職する理由の大半は今の会社に不満があるということをアドバイザーの方は認識しているため、わざわざ愚痴をこぼす必要はないのです。

面談では、前向きな転職理由を伝えるべきでしょう。

④とりあえず登録しただけという態度

4つ目は、とりあえず登録しただけという態度を見せることです。

実は、転職エージェントに登録する際「とりあえず登録しただけ」という方が意外と多いです。

キャリアアドバイザーからすればこのような人は「転職する意思が低い」一種の冷やかしとみなされてしまいます。転職する気がない人に求人は紹介できませんから、後回しにされてしまうでしょう。

たとえ転職の意思が固まっていない状態でも、「良い求人があればすぐにでも転職したい」という姿勢を示すべきです。転職意思が固く積極的に活動していればいい求人を紹介してもらえるはず。

「とりあえず登録しただけ」というスタンスで面談に臨むのは、相手に失礼な行為となるため、絶対にやめましょう。

⑤ネガティブな情報ばかり伝える

5つ目は、キャリアアドバイザーにネガティブな情報ばかり伝えることです。

面談中に、転職する理由を聞かれますが、その時に「仕事がつまらなかった」「人間関係がうまくいかずに辞めたかったから」などネガティブな理由を全面的に押し出してしまうと、アドバイザーからマイナスの印象を受けてしまう可能性があります。

そのような人を企業に紹介するのは、キャリアアドバイザー目線でいうと、自分が所属している転職エージェントの評価も下げてしまうと考えます。

そのため、いい求人を紹介してもらえなくなってしまうのです。ネガティブな情報ばかりいうのではなく、前向きな転職理由を用意しておきましょう。

転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないことをやったらどうなる?

先ほどは、転職エージェントの面談で絶対にしてはいけないことをお伝えしましたが、実際にやってしまうとどうなるか気になる方もいるでしょう。

ここでは、転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないことをやったら起こることをご紹介します。

見捨てられる・連絡が来ない

まずは、キャリアアドバイザーに見捨てられることです。

面談に遅刻したり虚偽の情報を申告したりする行為は、信頼関係を傷つけることになります。

基本的に、キャリアアドバイザーとの信頼関係がなくなると、転職先にあなたのことを自信を持って紹介することができないため、連絡をしなくなります。

当然、スムーズな転職活動が実現することはありません。

もし、登録したけど一向に連絡がこない場合は、見捨てられている可能性が高いでしょう。

親身になってもらえない

いい転職を実現させたいのにも関わらず、面談での態度が悪ければ、親切にサポートしたいとは思ってもらえません。

ここでいう態度が悪いとは、目的なくただ登録しただけというスタンスや面談時の遅刻などが挙げられます。

態度が悪ければ、アドバイザーからの求人紹介が止まったり、レスが遅くなったりします。つまり、あなたに対する転職サポートの熱意が薄れるため、優先度もかなり低くなるのです。

もし、求人紹介や連絡が来なくなったら親身になってもらえてないと考えるべきでしょう。

大手や優良求人の紹介がない

面談時の態度が悪ければ、大手や優良求人の紹介がなくなることも考えられます。

そもそも、転職エージェントのキャリアアドバイザーは、自社の登録企業から内定してほしい心理が働きます。新着求人の案内など、定期的な求人紹介があることが通常のフローです。

そのフローがないと言う状態は、あなたに対して求人を紹介したくないと思われていますし、見捨てられている可能性が高いです。

転職エージェントとの面談で好印象をもたれるポイント

転職エージェントとの面談は今後の転職活動をする上で、重要であるため、有利に進めるためにも好印象を持たれたいですよね。

ここでは、転職エージェントとの面談で好印象をもたれるポイントをご紹介します。

清潔感のある服装で臨む

キャリアアドバイザーとの面談は、対面もしくはオンラインで行われますが、どちらも清潔感のある服装で臨むべきです。

人は第一印象で7割決まると言われているほど、見た目が重要ですし、清潔感を出すことで、爽やかな印象を与えられ、好印象となります。

特に、以下の項目に注意するべきです。

  • 服にシワができていないか
  • 服に汚れやシミがついていないか
  • 襟が立っていないか
  • ズボンを下げすぎていないか
  • 靴が汚れていないか
  • 髪の毛が整っているか

転職エージェント側も、印象の良い人を企業に紹介したいと思うのが普通となるため、服装や身だしなみには気を配りましょう。

転職をする理由や目標・条件を明確にする

面談する前に、あらかじめ自分が転職する理由やキャリアプランなどを整理しておく必要があります。

それらの情報を事前に整理しておくことで、キャリアアドバイザーへ正確な情報を提供することができます。そうすれば、キャリアアドバイザーに伝わりやすく、あなたにマッチする企業紹介をしてもらいやすいです。

キャリアアドバイザーは、基本的に利用者のキャリアプランを参考に求人を探します。

正確な情報を伝えることができれば、いい企業を紹介してもらいやすいため、効率よく転職活動を進められるでしょう。

履歴書・職務経歴書を準備しておく

面談に備えて、履歴書・職務経歴書を準備しておくことは、キャリアアドバイザーから好印象を持たれやすいです。

絶対に必要とは限りませんが、合ったほうがスムーズな転職活動を実現させられますし、キャリアアドバイザーも転職支援をしやすいからです。

また、出来上がった履歴書や職務経歴書を持参することで、その場で添削してくれますし、採用担当者の目に留まるようなポイントを的確にアドバイスしてもらえます

スムーズな転職活動を実現させるためにも、面談前に履歴書・職務経歴書を準備しておきましょう。

面談がスムーズなおすすめ転職サイト・エージェント

転職エージェントとの面談がスムーズにできれば、効率よく転職活動ができるようになります。

とはいえ、転職希望者の中には、面談がスムーズなおすすめ転職サイト・エージェントが知りたいと思っている方もいるでしょう。

ここでは、面談がスムーズなおすすめ転職サイト・エージェントを3つご紹介します。

リクルートエージェント:業界最高レベルの求人数

リクルートエージェントはリクルートが運営する大手転職サイトです。豊富な求人数を抱えているほか、地域や職種なども幅広く、非常に人気があります。

リクルートエージェントでは、無料受講セミナーが受けられる点が大きな魅力です。面接試験に対する不安を少しでも軽減させるため、合格するためのポイントや心構えを学べます。

本番を想定した練習ができ、客観的に見てもらえるため、質の良い練習ができます。

また、独占求人が多い点も魅力です。非公開求人が多いため、他の転職エージェントよりも閲覧できる求人が多いです。優良な求人にも出会える確率が高まるでしょう。

公開求人数 107,755件
非公開求人数
対応エリア 全国
得意分野 ハイクラス
ターゲット層 30〜50代

リクルートエージェントはこちらから

doda:約10万件の豊富な求人!企業との交渉もお任せ

doda

dodaは、業界トップクラスの求人数を保有しており、利用者が最も多いと言われている転職サイトです。サイト内で確認できる公開求人は13万件以上あることから、自分に合った企業を選びやすいと評判です言われています。

そんなdodaは、転職者の満足度が業界でNo.1であることが大きな魅力です。求人数が多いことはもちろんのこと、キャリアアドバイザーの方に外れがなく、どの方でも求職者に丁寧に寄り添ってくれる点に定評があります。

また、dodaはサイト内で企業情報などを確認できるところもメリットです。企業情報では、主に年収や業績などが見れます。そのため、自分の持っているスキルがその企業が提示している年収に見合っているか、企業の将来性があるかなど、客観的に分析できるため、企業の選定がしやすいでしょう。

公開求人数 139,302件
非公開求人数
対応エリア 全国
得意分野 総合求人
ターゲット層 全世代

dodaはこちらから

マイナビエージェント:20代におすすめ!非公開求人も多い

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、総合型の転職エージェントとして、幅広い業種・職種の転職サポートを行っています。知名度が高く、信頼性もあることから、転職経験がない方でも安心して利用できます。

マイナビエージェントは、20代前半・第二新卒~30代の転職支援に強いことが特徴です。長年、新卒者を対象とした就職情報サイトの運営実績があり、若手への採用に力を入れています。

そのため、20代の利用者が多く、実際に転職を成功しているといった口コミが多く見受けられます。

また、期間に縛りがない「無期限」でサポートをしてくれる点も魅力。一般的に、大手転職エージェントのサポートは「3ヶ月間」などの期限が設けられるケースがほとんどです。

その点、マイナビエージェントのサポート体制は良心的です。いつでも転職についての不安や疑問点などを相談できるため、安心して利用できるでしょう。

公開求人数
非公開求人数
対応エリア 全国
得意分野 総合型
ターゲット層 30〜50代

マイナビエージェントはこちらから

まとめ

本記事では、転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないこと5つをご紹介し、好印象をもたれるポイントまで解説していきました。

面談に遅刻したり嘘をついたりなどの行為は、絶対にしてはいけないことですし、仮にしてしまえば、信用関係が崩れます。そうなってしまうと、スムーズな転職活動ができずに、自分を苦しめてしまいます。

まずは、転職エージェントの面談前に、服装を整えたり転職理由やキャリアプランなどを明確にしておき、スムーズな転職ができるように心がけましょう。

もし、面談がスムーズに行いやすい転職エージェントをお探しでしたら、本記事でご紹介した3社を検討してみてください。

転職カテゴリの最新記事