システムエンジニアに資格一覧!有利になる?難易度やおすすめの資格を解説

システムエンジニアに資格一覧!有利になる?難易度やおすすめの資格を解説

システムエンジニアとして働きたいと考える人の中には

「システムエンジニアになるには資格は必要?」
「おすすめの資格はどれ?」
このような疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?

特に未経験の場合、資格をとっておくべきか悩みますよね、また、どの資格を取得すればいいかわからず困っている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、システムエンジニアになるには資格は必要なのかについてご紹介し、おすすめの資格も解説します。

システムエンジニアになるには資格が必要?

システムエンジニアになるには資格が必要かどうか気になる方も多いでしょう。

結論からお伝えすると、必ずしも必要ではありません。しかし、資格があった方がスキルの証明になるのと、知識の積み上げになるため、取得しておいて損はないです。

企業によっては、資格手当を採用しているところも多く、該当する資格を取得しておけば収入を上げられるメリットもあります。

また、資格を取得すれば、知識やスキルが高まるため、対応できる業務の範囲も広がります。昇給や昇進のきっかけにもできるため、もし資格取得するべきか悩んでいる方がいましたら、取得することをおすすめします。

特に未経験車はエンジニアの知識やスキルを身につける手段として、資格の勉強は無駄にはならないはずです。

システムエンジニアにおすすめの資格一覧表

エンジニアの資格を取得しようと考えても、どんな資格を取ればいいか悩む方も多いでしょう。

システムエンジニアにおすすめな資格は、主に以下4つの資格となります。

資格の種類 難易度 特徴
基本情報技術者試験 B ハードウェア、ソフトウェアの基本的な仕組みや動作、プログラミングなどが学べる
応用情報技術者試験 A クライアントが抱える課題を解決するための高度なIT技術が学べる
システムアーキテクト試験 A システム開発の上流工程に必要な知識や情報、システムを設計しシステム開発ができるようになるような技術や知識を学べる
ネットワークスペシャリスト試験 A ネットワーク全般について幅広い知識を持ち、大規模なネットワーク環境を構築・運用できるようになる技術や知識を学べる

どれも取得しておくことで、高いスキルがあるとみなされ転職に有利になる可能性があります。またシステムエンジニア経験者でも、業務範囲を広げられるとしておすすめです

システムエンジニアが資格を取得するメリット

続いて、システムエンジニアが資格を取得するメリットをご紹介します。

転職でアピールポイントになる

資格を取得する大きなメリットが、転職でアピールポイントになることです。

一般的に、中途採用を募集している企業は、即戦力となる人材を求めています。即戦力をアピールするには、これまでの実績やスキルを提示することが必要です。

資格を取得しておけば、スキルがあることを形として証明できるため、説得力が増します。結果的に、採用率がグッと上がるでしょう。

 

対外的にスキルを証明できる

対外的にスキルを証明できることも、資格を取得する強みです。

資格を保有しているということは、その資格を取得するために必要な知識を身に付けていることの証明になります。

例えば、国家資格である「基本情報技術者試験」を持っていれば、コンピューターの仕組みやシステム開発工程、プログラム言語などの基礎知識があることを証明できます。

さらに、資格取得のために一生懸命勉強してきたことも評価の対象です。「向上心」があるとみなされるため、採用に有利に働きます。

よくネイリストが検定1級をお店に貼っているようなもので、資格があれば価値を上げたり安心感を与えることにつながるでしょう。

資格の取得が出世につながることも

システムエンジニアとしての資格を取得することで、出世につながることがある点もメリットです。

先述した通り、企業によっては、社員がシステムエンジニアに適した資格を取得することで、資格手当を設けている会社も存在します。

資格を取れば、勉強してきたことが業務に活かせるため、業務の対応範囲も広がります。つまり、自分自身の価値を高められるのです。

価値が高まれば、社内での昇進や昇給も十分できるため、出世することができるでしょう。

未経験者はスクールでスキルを身につける方が早い

未経験者であれば、スクールでスキルを身につける方が早いです。資格の種類にもよりますが、試験によっては難易度が高く、独学で合格するのにかなりの時間を要するものも存在します。

しかも合格できる保証がありませんから、仮に不合格となった場合、スキルとして証明できるものがありません。

一方、スクールに通えば、基本的に1〜3ヶ月と言った短期間でみっちり学べます。ポートフォリオといって自分の実績をアピールできる作品を作ることもできるため、転職時に活用できます。

スクールに通っていた事実と、作成したポートフォリオを提示すれば、企業からも最低限のスキルがあるとみてくれますし、期待値が高まるでしょう。

未経験者がシステムエンジニアを目指すのにおすすめのスクール

未経験者がシステムエンジニアを目指す際、どのスクールに通えばいいか迷うでしょう。

ここでは、未経験者がシステムエンジニアを目指すのにおすすめのスクールをご紹介します。

20代なら「ウズウズカレッジ Javaコース」

「ウズウズカレッジ」は、未経験からインフラエンジニアを目指せる就職支援付きのITスクールです。運営元が、大手転職エージェントの「ウズキャリ」のため、受講後は優良IT企業に転職することができます。

ウズウズカレッジは、未経験からのエンジニア転職成功率が高いことが特徴です。転職エージェントであるUZUZは、主に第二新卒やフリーターなどを対象としています。内定率95%以上 、入社後の定着率97%以上の実績があることから、スクールでも手厚い転職サポートを行ってくれます。

さらに、生徒1人1人の理解度に合わせたカリキュラムを策定してくれる点も魅力です。学習する内容ごとに「理解度確認テスト」があり、生徒がどこまで内容を理解できているか把握します。

仮に、理解度が足りないと判断された場合は、わからないところを理解するまでわかりやすく講義してくれます。

これにより、受講生は勉強に集中しやすい環境と言えるでしょう。

運営元 株式会社UZUZ
料金 44000円/月(税込)
コース 初心者コース・開発コース
言語 Java / HTML / CSS / JavaScript / jQuery / Bootstrap / SQLなど
学習期間 1~3ヶ月程度
授業形式 対面/オンライン
転職サポート

ウズウズカレッジはこちらから

実践スキルが身につく「RUNTEQ」

ランテックとは、Webエンジニアになるための知識やスキルを身につけられるプログラミングスクールです。Web開発にめっぽう強いスクールで、丁寧な指導によって基礎的なスキルが身につけられると好評で人気があります。

ランテックは、バディ制度を採用していることが強みです。バディ制度とは、メンターがマンツーマンで生徒をサポートすることをいいます。

技術指導はもちろん、学習の進捗具合や悩み相談などをしていることで、学習しやすい環境でプログラミングが学べます。

また、選抜試験へ合格するとWeb企業へ優先的に紹介される点も魅力です。努力した人が正当な評価を得られるため、web業界への就職を目指している人のモチベーションを挙げやすいでしょう。

運営元 株式会社スタートアップテクノロジー
料金 437,800円 ※分割払い可能
コース Webマスターコース
言語 Ruby,Ruby on Rails
学習期間 9ヶ月程度
授業形式 オンライン
転職サポート

RUNTEQ(ランテック)はこちらから

現役エンジニアによる指導「CodeCamp」

Codecamp(コードキャンプ)は、コードキャンプ株式会社が運営するオンライン完結で受講できるプログラミングスクールです。web開発やデザイン、アプリ開発など幅広く学ぶことができます。

Codecamp(コードキャンプ)は、幅広い受講スタイルがあることが特徴です。通学して学ぶことがないため、時間の融通が効きます。仕事などで忙しい方も気軽に利用可能です。

しかも、学習の目的に応じてコースを選べますから、自分の目的に合ったコースを受講できます。必要な技術に絞って効率的に学習を進められるでしょう。

さらに、指導方法に定評があるのも大きな魅力。講師は、受講生の理解度を把握するため、マンツーマンで指導を行います。FBで明確になった自分の課題を克服するため、学習に励みやすいでしょう。

 

運営元 コードキャンプ株式会社
料金 ・プログラミングを学ぶ(webマスターコースなど)

198,000円〜

・webデザイン(基礎コースやマスターコースなど)

198,000円〜

・プログラミング&Webデザインを学ぶ

308,000円〜

※入会金30,000円

コース プログラミング:Webマスターコース

        Rubyマスターコース

        Javaマスターコース

webデザイン:Webデザインマスターコース

       Webデザイン基礎コース

プログラミング&Webデザイン:オーダーメイドコース

言語 PHP,Ruby,HTML,CSS,JavaScriptなど
学習期間 2〜6ヶ月程度
授業形式 オンライン
転職サポート

Codecamp(コードキャンプ)はこちらから

まとめ

本記事では、システムエンジニアになるには資格が必要かについてご紹介し、おすすめの資格も解説しました。

システムエンジニアになるためには、関連する資格が必要だと思われがちですが、絶対必要というわけではありません。しかし、取得しておくことで、出世したり転職時にアピールできたりなどのメリットがあります。

ただし、未経験の方であれば、資格取得よりもスクールでスキルを身につける方が確実でしょう。もし、スクールを検討している方がいれば、本記事でご紹介した3つのスクールを検討してみてください。

プログラマー・エンジニアカテゴリの最新記事