プログラマーは後悔する・やめとけ?多すぎる?未経験の実態。2chなど

プログラマーは後悔する・やめとけ?多すぎる?未経験の実態。2chなど

「プログラマーへの転職はやめとけと言われるけどなぜ?」
「プログラマーに転職すると本当に後悔するの?」

プログラマーへの転職検討中で、このような疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか?

ネットでは、「プログラマーはやめとけ」「後悔する」などのネガティブな口コミも多くみられるため、不安になりますよね。

そもそも、今の会社を辞めたいけど、未経験でプログラマーへ転職できるのか不安に思う方も多いでしょう。

そこでこの記事では、プログラマーへの転職がやめとけと言われる理由をご紹介し、転職を成功させるコツも解説します。

プログラマーは後悔する・やめとけと言われる理由。2chなど

まずはプログラマーが後悔する・やめとけと言われる理由をご紹介します。

残業が多く業務負担が大きい

プログラマーが「やめとけ」と言われる1番の理由は、残業が多く業務負担が大きいからです。

実際に、厚生労働省が調査した結果をみると、プログラマーが該当する情報通信業の所定外労働時間は、上位に入る結果となっています。

順位 業種 所定外労働時間
1位 運輸業・郵便業 21.1時間
2位 鉱業,採石業等 15.5時間
3位 電気 ・ ガス業 15.2時間
4位 情報通信業 14.8時間

※厚生労働省『毎月勤労統計調査 令和2年分結果確報

この背景には、クライアントありきの仕事ということが考えられます。クライアントから依頼された仕事の納期は絶対に守らなければいけないため、納期前は多忙です。また、納品後もクライアントや上司の修正指示に、応対しなければなりません。

これらの業務を、新規案件にプラスして行わなければならない場合、就業時間内に終わらないことも多々起こります。

このような企業では、残業が多くなり業務負担が大きくなりがちです。よって、やめとけと言われる理由に繋がるのです。

しかし最近は働き方改革の推進もあり、環境が改善されている企業も少なくありません。昔よりはかなり働きやすくなり、残業のない企業も増えています.

 

客先常駐はストレスがある

客先常駐はストレスがあるということも、やめとけと言われる理由となります。

客先常駐はSES企業に多く、期間としては数年・数カ月単位で職場を異動することが多いです。

配属先によっては補佐業務となり、自分の思い通りに業務が進められなかったり、異動するたびに一から人間関係を構築し直すことがあったりします。

そのような状況に身をおくと、ストレスを抱えやすく、健康問題を引き起こしてしまうこともありえます。結果的に、プログラマーはやめといたほうがいいという噂に繋がります。

しかしこれもSES企業を選ばなければ、避けることのできるデメリットです。転職先の職場環境をしっかりチェックした上で転職すれば、問題ないでしょう。

学び続けなければならない

IT業界は、技術の変化が早くトレンドの言語も変わるため、常に学び続ける必要があります。

つい最近まで使われていた技術が、1年後には古い技術となっており、使われないことも十分ありえます。

常に新しい知識やスキルを身につけておかなければ、業務が出来なくなってしまうのです。

ただでさえ、業務で手一杯なのに新しいことを学び続けるのはかなり厳しいと感じる方が多いのが現状です。結果的に、プログラマーはやめたほうがいいという評価に繋がると考えられます。

しかしこれはプログラマーに限ったことではありません。どんな仕事でも学び続けることは大切なのではないでしょうか。常に成長していくために、結果を出すためには何かを学ぶ前向きな姿勢は大切です。

 

 

多すぎる

 

プログラマーは「自由」「稼げる」などの謳い文句のもと、たくさんの人がプログラマーの仕事を始めました。

たくさんのプログラマーが新しく誕生しているので、多すぎると感じる方も一定数います。

その一方で、プログラマー採用に企業が苦慮しています。

その理由が、「スキルがあるかないか。」

プログラマーやエンジニアなどの技術職はできる人とできない人のレベルの差が激しく、一説には100倍以上の仕事スピードの差があると言われています。

このできるプログラマーと少なさとスキル能力の高くないプログラマーの多さが、多すぎると言われる所以です。

 

プログラマーやめとけは嘘?おすすめできる理由

ここまで、プログラマーはやめとけと言われる理由をお伝えしましたが、ネガティブな要素だけではありません。

プログラマーにはメリットも数多くありますし、重宝される職業です。

ここでは、プログラマーがおすすめできる理由をご紹介します。

仕事に困らない

プログラマーがおすすめできる理由の1つは、仕事に困らないからです。

プログラマー・エンジニアの需要は年々高まっています。しかし、需要が伸びているのにもかかわらず、人材は不足しがちな業界であります。

実際に、経済産業省が行ったIT人材の調査では、2030年には78.9万人不足すると予測されているとのことです。

世界各国でデジタル環境が加速化している中、日本は遅れ気味であるため、遅れを取らないためにもIT人材の育成は急務とされています。

需要が伸びている以上、仕事は膨大にありますし、たとえ未経験でも入社して経験値を積めば貴重な人材として評価されます。

多くの仕事をこなせるチャンスがあるため、プログラマーはおすすめできるでしょう。

年収アップも狙える

年収アップが狙えるのも、プログラマーをおすすめできる理由です。

プログラマーの平均年収は350〜500万円で一般的ではありますが、企業規模やスキルに応じて、年収1,000万円を目指すことも可能です。

また、身につけるプログラミング用語によっても収入に差が出てきます。特にプログラミング言語で、1番高収入になるものは「Scala」です。

Scalaはサーバーサイドの開発言語となり、使用できるプログラマーが少ないため、その分価値が高いです。つまり、使用できるようになれば、あなた自身の価値が高まり、ひれして年収も上がりやすくなります。

このように、プログラマーとしてスキルを磨けば年収アップもできるため、収入をあげる転職をしたい方には向いている職業とも言えるでしょう。

 

 

フリーランスや副業としても稼げる

フリーランスや副業としても稼げる点が、プログラマーのメリットでもあります。

プログラマーはPCとネット環境さえあれば、好きな時間と場所を選んで働くことが可能です。副業やフリーランスとしても働きやすく、会社員として働いているよりも短時間で高収入が期待できます。

もし、定時に上がれるような会社に勤めている場合であれば、帰宅後の時間を有効活用して収入源を増やしてみるのもありでしょう。

 

プログラマーやめとけは転職先次第!転職を成功させるコツ

プログラマーとして働く魅力が理解できたところで、転職活動を進めようと意気込んでいる方も多いでしょう。ただし、闇雲に転職活動をしても成功できません。

効率よく転職活動をすることが、プログラマーへの転職を成功させることになります。ここでは、転職を成功させるコツをご紹介します。

最低限のスキルや知識を身につける

プログラマーへの転職を成功させたいのであれば、最低限のスキルや知識を身につけるべきです。

特に中途採用を求める企業は、転職希望者に即戦力を求めています。それをアピールするには、スキルや知識を提示する必要があり、即戦力として期待されなければなりません。

最低限のプログラミング知識を身につけることで、企業からの期待値をより高められます。スキルを身につける延長線上で資格を取得するのもおすすめ。プログラミングはやる気があれば、独学でも習得できます。

転職サポートつきのスクールもおすすめ

プログラマーへの転職活動を行う際、転職サポートつきのスクールに入るのもおすすめです。

スクールなら未経験でもプログラマーとしての基礎から実践まで学習することができます。

転職サポートがあれば、勉強しながら転職活動ができるため、効率的です。独学ではモチベーションが保てない方や、どうやって勉強したらいいかわからない方に最適です。

とはいえ、転職サポート付きのスクールは玉石混合。

悪いところも多いのが実態で、就職できなかったり、ブラック企業に送られたりします。

そこで、おすすめなのがウズキャリIT

ウズキャリITは未経験からプログラマーなどのITエンジニアへの転職サポートを行なっています。

IT学習と就職サポートを行っていて、ホワイト企業を紹介してくれます。

入社後の就職率は95.7%もあり、この数字からもいい企業を紹介してくれることがわかります。

ホワイト企業のプログラマーになりたい人におすすめのサービスです。

 

ウズキャリIT

転職エージェントを活用して転職先を選ぶ

プログラマーへの転職活動を行うのであれば、転職エージェントの活用は欠かせません。

転職エージェントに登録すれば、専属のキャリアアドバイザーがついてくれます。転職先に求める条件やキャリアプランなどを面談時にヒヤリングし、その結果を踏まえて希望通りの求人を紹介してもらえる仕組みです。

自分に合った企業と出会いやすいのはもちろん、プログラマーへ転職するために必要なことなども丁寧にアドバイスしてもらえます。未経験からOKの求人なども紹介してもらえますから、初心者の方はぜひ活用したいものです。

未経験からプログラマーを目指す人におすすめの転職サイト・エージェント

先述したとおり、未経験からプログラマーを目指す方は転職サイトやエージェントを活用することをおすすめします。アドバイザーのサポートがあれば、自分一人で活動するよりも効率的です。未経験者用の求人紹介に加え、採用に関するアドバイスをもらえます。

ここからは未経験からプログラマーを目指す人におすすめの転職サイト・エージェントをご紹介します。

 

求人数が多いdoda

doda

dodaは、業界トップクラスの求人数を保有しており、利用者が最も多い転職エージェントです。サイト内で確認できる公開求人は15万件以上あることから、幅広い業種・業界を見ることができます。

そんなdodaは、転職者の満足度が業界でNo.1であることが大きな魅力です。保有する求人数が多いだけでなく、キャリアアドバイザーによる丁寧なサポートに定評があります。

また、便利に利用できるツールやサービスが豊富な点も強みです。主な機能は以下の3つ。

  • レジュメビルダー:職務経歴書を作成
  • スカウトサービス:企業からオファーがくる
  • エージェントサービス:アドバイザーのサポートが受けられる

どの機能も登録すれば無料で使えます。特にレジュメビルダーの書類作成機能は、doda独自のサポートです。うまく使いこなすことで、自分に最適な企業をみつけられ、効率の良い転職活動ができるでしょう。

公開求人数 139,302件
非公開求人数
対応エリア 全国
得意分野 総合求人
ターゲット層 全世代

dodaはこちらから

手厚いサポートならリクルートエージェント

リクルートエージェントはリクルートが運営する大手転職サイトです。幅広い業種・職種を取り扱っているほか、認知度も高く初心者でも安心して利用できます。プログラマー・エンジニアの求人が、約253,773件あります(2022年8月時点)。

リクルートエージェントでは、アドバイザーの交渉力が高いことが強みです。大手というだけあり、多くの企業と太いパイプがあります。そのため、たとえ志望していた企業の選考に落ちたとしても、エージェントが交渉して再挑戦することもできる場合があるのです。これにより、他のエージェントと比較して利用者の内定率が高い傾向があります。

さらに、無料受講セミナーが受けられることも大きなメリットです。面接試験を控える方向けに、受け答え方や試験までの練習方法などを学べます。入念な面接対策ができるため、本番までに不安を軽減できるでしょう。

公開求人数 107,755件
非公開求人数
対応エリア 全国
得意分野 ハイクラス
ターゲット層 30〜50代

リクルートエージェントはこちらから

まとめ

本記事では、プログラマーへの転職がやめとけと言われる理由をご紹介し、転職を成功させるコツも解説しました。

プログラマーは、残業が多く業務負担が重くなりがちで、学び続けなければいけない環境であることから、やめとけと言われがちです。

しかし、需要が高いため仕事には困らないですし、高年収も狙える職業であるため、実際にはおすすめできる職業です。

転職を成功させるには、最低限のスキルを身につける必要があり、うまく転職エージェントを活用しましょう。

もし、転職エージェントの登録でお悩みでしたら、本記事でご紹介した3社を検討してみてください。

転職カテゴリの最新記事