OB・OG訪問アプリ、おすすめサイト!事件が起きて危ない?

OB・OG訪問アプリ、おすすめサイト!事件が起きて危ない?

行きたい企業に知り合いのOBがいないため、OB・OG訪問アプリの利用を考える就活生は多いでしょう。

しかし、「安全に使えるアプリはどれ?」「そもそも利用するメリットは?」などの疑問を抱える方もいるのではないでしょうか?また「危ないのでは?」と不安に思う方も少なくないはず

結論からお伝えするとOB・OG訪問アプリは、選び方と使用方法に気をつければ安全に利用できますむしろOB・OG訪問を効率的に進めるために便利なサービスですから、OB・OGがいなくて困っている方にはおすすめです。

そこでこの記事では、おすすめのOB・OG訪問アプリの紹介と利用上の注意点を解説します。

【2023・2024卒】おすすめのOB・OG訪問アプリ・サービス

OB・OG訪問アプリやサービスは近年、数が増えてきていますが、その中でもおすすめを3つ紹介します。

  • ビズリーチ・キャンパス
  • OBトーク
  • JOBTV

それぞれ詳しく確認していきましょう。

ビズリーチ・キャンパス

【画像】ビズリーチ・キャンパス

ビズリーチ・キャンパスは、51,000名以上の社会人が登録しています。登録しているOBの所属企業は総合商社からベンチャー企業まで5,000社以上。アサヒビールやサントリーなどの人気企業の先輩と話せる人気のサービスです。

大手の総合商社などコネが重要な企業の内定が欲しければ、OB訪問は必須です。ビズリーチ・キャンパスなら人気企業の社員も在籍しているので、大手企業とのコネを作れます。

また、オンラインでOB・OG訪問ができるので、直接会うと「事件に巻き込まれるかもしれない」「コロナに感染しないかな」と不安に思う方も安心して利用できます。

登録社数 5,000社以上
登録者数(社会人) 51,000人以上

ビズリーチ・キャンパスの詳細はこちら

OBトーク

【画像】OBトーク

OBトークは、初回のメッセージが定型文を選択する方式なので、利用ハードルが低く気軽に試せるサービスです。「初めのメッセージを考えるのが苦手」という方におすすめ。

業界や職種、OB訪問できる場所など条件を指定し、気になる人がいれば初回のメッセージを選択して簡単にトークを始められます。

OBトークの特徴は、社会人から学生への逆アプローチがあることです。企業側からメッセージをもらうことと同じですから、業界研究や企業研究の視野が広がります。

また、出会いを求めている・対応が悪い、などのユーザーに「OB訪問をおすすめしないユーザー」としてイエローカードが表示されるシステムになっています。事前に不安要素のある人を避けられる点も、安心して利用できるポイントです。

学生利用者数(20卒) 約10,000人
マッチング数 20,000件以上

OBトークの詳細はこちら

JOBTV

【画像】JOBTV

JOBTVは、OB訪問アプリとは異なりますが、説明会やOB訪問がしづらいコロナ禍において、企業研究をしやすいと評判のサービスです。

アプリで気軽に連絡が取れるとはいえ、社員と直接やり取りするのは緊張すると思います。JOBTVなら、200社を超える企業の採用説明動画の中から気になるものを見るだけなので、直接社員と連絡を取る必要がなく、気軽に利用できます。

また、企業に応募したいときは、自己PR動画を送るだけでエントリーができるのも魅力の一つです。

社員とのやり取りが不安、書類だけでは自分をアピールしきれない、という悩みがある人はぜひ利用してみてください。

企業の採用説明動画数 200社以上
登録企業数 1,000社以上
利用料金 0円

JOBTVの詳細はこちら

OB・OG訪問アプリを利用するメリット

OB・OG訪問は、「めんどくさい」や「企業に知り合いのOBがいない」といった悩みがつきものです。OB訪問アプリを利用することで、これらの悩みは解消することができます。

ここでは、OB訪問アプリを利用する3つのメリットを紹介します。

チャット形式でアポが手軽に取れる

OB訪問アプリは、アプリ内のチャット機能で日程調整などのアポが手軽に取れる点が大きなメリットです。

OB訪問といえば、以前は、電話やメールでのやりとりが基本でした。しかしアプリを活用すれば、チャット形式なので、あまり緊張せずに連絡を取ることができます。

大学の先輩以外の内定者から話が聞ける

アプリを利用することで、大学の先輩でなくても直接話を聞くことができます。

今までのOB訪問は、卒業生名簿やゼミやサークルなどの名簿から、連絡先を探していました。訪問したい企業にOBがいなければ、ネットなどで情報収集するしかなく、リアルな情報はわからないこともありました。

しかし、OB訪問アプリを利用すれば、大学の先輩以外の社員でも直接リアルな話を聞くことができます

面接官には聞きにくいような質問もできますし、実際の業務内容など、就活に役立つような情報を得られるはずです。また、初めて会う社会人と接することで、ビジネスコミュニケーションの練習にもなります。

社会人と話すことは面接で極度な緊張をしなくなるなど、情報を得る以外のメリットもあります。

気になる企業の社員とコンタクトが取れる

アプリを使えば、気になる企業の社員とコンタクトが取れます。

今までは、知り合いに希望する企業の社員がいなければ、OB訪問を諦めるしかありませんでした。しかし、OB訪問アプリを利用することで、気になる企業の社員と直接連絡が取れるようになりました。

アプリがなければ、連絡が取れない企業の人と知り合えるのは、大きなメリットです。

OB・OG訪問アプリで事件?危ない?利用する際の注意点

ここまでOB訪問アプリのメリットを解説しました。早速使ってみようと考える方も多いと思いますが、OB・OG訪問アプリは使用方法を間違えると、時間をムダにしたりや、事件に巻き込まれたりすることがあります。

そこでここからは、効果的にOB・OG訪問アプリを利用するための注意点を3つ解説します。

話を聞く相手次第では効果が低い

OB訪問アプリは、話を聞く相手次第では、効果が低く時間をムダにしてしまうこともあります。

実際に話を聞くと、ネットで調べられる情報しか教えてもらえないことがあるので、注意しましょう。

ただこの状態になるのは、相手だけが問題とは限りません。自分の準備不足で聞く力が不十分なことも考えられます。OBと会う前に、事前に企業のことを調べて質問を準備し、有意義なOB訪問ができるようにしましょう。

100%相手から返信が来るとは限らない

次に、100%相手から返信がくるとは限らないことを理解しておきましょう。

OB訪問アプリは、社会人側のメリットはあまりありません。大体のOB訪問アプリは報酬も発生しませんし、時間と労力を使うだけです。

学生側にすると、やり取りしやすく便利なため100%相手から返信が来ると思うかもしれませんが、そうとは限らないのです。

社会人は仕事で忙しい中、やり取りをしてくれているので返信が遅いことやそもそも返ってこないことも多々あります。

過度な期待はせず、「返信が来なくても仕方がない」くらいの気持ちで、やり取りをすると良いでしょう。

会う時は昼間のカフェなどがおすすめ

女性は特に注意すべきことですが、OB訪問アプリの中には事件に巻き込まれる可能性もあるため注意が必要です直接会う際は、昼間のカフェがおすすめです。

特に、夜に執拗に誘ってきたり、バーを指定したりするOBは要注意です。また、事件でなくても、断りづらい雰囲気を利用して、セクハラや飲酒の強要をしてくるかもしれません。

「断ったら気まずくなるかも」や「希望している企業の社員だから断りづらい」と感じることもあると思います。しかし、自分の身を守るためにはっきり断りましょう。会うなら昼間のカフェが鉄則です。

OB・OG訪問アプリの賢いやり方

ここまでOB訪問アプリのメリットや使用上の注意点を解説してきました。続いては、OB・OG訪問アプリを最大限活用するための、賢い活用方法を紹介します。

  • プロフィール欄を充実させる
  • 相手から評価されているという意識を持つ
  • 社会人の話に囚われすぎない

有意義なOB訪問ができるように、見ていきましょう。

プロフィール欄を充実させる

OB訪問アプリに登録したら、最初にプロフィール欄を充実させましょう

社会人は、複数のOB訪問を申請されていることがあり、スケジュール的に一人しか対応できないとなれば、プロフィールが充実している学生を選びます。

プロフィールが充実していないと、情熱がないと思われたり、どんな人が来るのか不安と思われたりデメリットが大きいです。

アプリ登録をしたら、後回しにせずプロフィール欄をしっかり入力しましょう。

相手から評価されているという意識を持つ

就職希望の企業の社員と会うので、すでに就職試験は始まっている・評価されている、という意識が必要です。

OB訪問が選考にどの程度影響するのかはわかりませんが、人事や役員などに繋がる可能性もあります。特にアットホームな中小企業などは注意が必要です。好印象の場合は、人事に話が通じる可能性もあるでしょう。

企業の下調べ・質問の準備や、所作の一つ一つも気を抜かず好印象になるように振る舞いましょう。また、お礼メールなども忘れずに。礼儀正しく感謝の気持ちを伝えると、相手から好印象を持たれやすいです。

OB訪問は面接ほど堅苦しくはありませんが、面接会場で行なってもいい行動なのか、常に意識しましょう。

社会人の話に囚われすぎない

社会人の話は、一つの意見でしかありません。話に囚われすぎて自分の判断が揺らがないように注意しましょう。

OBの所属する部署によって、職場の雰囲気や残業の有無は少しずつ異なります。また、面接での経験なども、その人が経験したものであって、その企業の面接全てに通じる裏技ではありません

OB訪問は、OBの話を参考にして、就活をより効果的に進めるためのものです。社会人の話を過度に信用して影響されすぎないように注意しましょう。

まとめ

OB訪問アプリを利用することで、これまで面倒だったアポ取りなども簡単に行え、効率的に就活を進められます。しかし、知り合いではないOBとコンタクトを取るため、トラブルが起きないように注意することも必要です。

本記事で紹介した注意点や賢い活用方法を意識して正しく利用し、就活につながる充実したOB訪問をしましょう

OB訪問で得られた情報を活かして、就活を成功させてください。

就活カテゴリの最新記事