【春夏秋冬】面接用スーツがない場合のおすすめ女性コーデを紹介!スーツが入らないときの対処法も伝授

【春夏秋冬】面接用スーツがない場合のおすすめ女性コーデを紹介!スーツが入らないときの対処法も伝授

「面接はスーツでないとダメ?」

「面接用のスーツがない場合はどうすればいい?」

こんな悩みはありせんか?

普段スーツを着る機会がない女性は、持っていない方も多いでしょう。しかし、持っている服で面接に適した服装にコーディネートできるかもしれません。

この記事では、スーツがない場合の対策として、女性向けコーデを紹介します。

「面接に私服で行っていいの?」「ワンピースでもOK?」などの疑問にも答えていますので、ぜひ最後までご覧ください。

【女性必見】面接用のスーツがない場合の対策コーデ

面接の服装でスーツを指定されていない場合は、私服でも大きな問題はありません。

ただし、カジュアルすぎる服装はNGなので、オフィスカジュアルを意識した服装にしましょう。

面接用のスーツを持っていない女性が具体的に意識すべきポイントは、以下の5つです。

ポイント 注意点
清楚感
  • 身体に合ったサイズ・シワがない
上品さ
  • 過度な露出や身体のラインが出る服は避ける
カラー
  • モノトーン・紺色・茶色などのベーシックな色で合わせる
  • ジャケットは明るい色を選ぶと爽やかな印象になり顔周りが明るくなる
  • 派手な色は避ける
アウターとボトムスの合わせ方
  • パンツの場合はジャケットと色を変える
  • スカートの場合は色を揃えるのが基本
  • スカートは膝丈程度・ズボンは7〜10部丈
ネイル・アクセサリー
  • ワンカラーなど色味は最低限に抑える
  • ネイルやアクセサリーが派手だと好印象を与えない

ここからは、季節に合わせたコーデを紹介します。

関連記事:面接の服装!男性、女性別に徹底解説

面接用のスーツがない場合:春・秋

春・秋は体温調節しやすい服装を意識するといいでしょう。

【インナー】

襟付きのシャツ・ブラウス・カットソーで合わせましょう。一般的に、シャツ・ブラウスはどんな場面でも問題なく着用できます。

面接用のスーツがない場合:夏

夏の暑さが我慢できるなら、ジャケットを選択してください。インナーに半袖を着用すると、暑さ対策になるでしょう。

なお、夏は肌の露出が多くならないように注意してください。

【アウター】

ジャケットを着ると暑い場合は、シンプルなデザインのカーディガンがおすすめ。目の粗いニットはカジュアルな印象を与えてしまうため注意が必要です。

【インナー】

襟付きのシャツ・ブラウス・カットソーで合わせます。ジャケットを着用する場合は、暑さ対策としてインナーを半袖にすると良いでしょう。

トップスを脱がない前提であれば、ノースリーブも着用可能です。薄手の素材や淡色のインナーは汗で下着が透ける可能性があるので、注意してください。

面接用のスーツがない場合:冬

冬は着用するアイテムが多くなるため、バランスを意識して合わせましょう。

【アウター】

トレンチコート・テーラードコート・チェスターコート・ステンカラーコートなど、コットンやウール系の生地のアウターを選んでください。

寒さ対策として、冬用の生地の厚いものを選ぶと良いでしょう。

【インナー】

襟付きのシャツ・ブラウス・カットソーで合わせます。

寒さ対策として、保温性の高いインナー(色は白やベージュなど)を着ると良いでしょう。

セーターやニットは着ぶくれしやすく、カジュアルな印象になりやすいため避けてください。

面接用のスーツがない場合:全季節共通

全シーズン共通のコーデアイテムは、ボトムス・パンプス・バッグです。

【アウター】

基本的にはジャケットを着るようにしましょう。アルバイト面接などでは、カジュアルすぎずシンプルなカーディガンでも大丈夫です。

ジャケットを着ているかどうかで印象は大きく変わります。

【ボトムス】

短すぎるものは基本的にNGなので、スカート丈は膝丈程度にしてストッキングなどと合わせましょう。パンツの場合は7〜10部丈が無難です。

【靴】

パンプス(ヒールの高さは3〜5cm程度がベター)やローファーが適切です。

つま先やかかとが出る靴はビジネス向きではありません。靴に汚れがないかもチェックしておきましょう。

【バッグ】

A4サイズの書類を折らずに入れられるバッグが好適です。

面接時、床に置く場合があるので、自立するバッグを選んでください。色や柄が派手なバッグは避けましょう。

面接用のスーツがない場合:NGな服装

シーンに合わせた服装にコーディネートできないと、面接官に社会性の低さを与えてしまいます。

以下の服装はNGな場合が多いため注意しましょう。

アイテム NGな服装
アウター
  • 革ジャン
  • パーカー
  • デニムジャケット
インナー
  • ノースリーブ
  • 肩や背中が大きく開いているもの
  • Tシャツ
ボトムス
  • 丈が短いスカート
  • ショートパンツ
  • サンダル
  • ブーツ
  • スニーカー

面接用のスーツがない場合:ユニクロ

ユニクロには面接シーンに合う服が揃っています。持っていない服がある場合は、ユニクロで揃えると良いでしょう。

手持ちの服で面接シーンに合うものがない場合はすべて揃えても良いですが、ユニクロのスーツは安価で高品質のためおすすめです。

ちなみに、ユニクロのスーツは上下を別々のサイズで組み合わせられます。店舗に行くのが難しい場合は、オンラインでカスタムオーダーも可能です。

ユニクロ公式オンラインストアはこちら

面接用のスーツがない場合に関するよくある質問

面接用のスーツがない場合に関するよくある質問は、以下の5つです。

  • 面接用のスーツが入らない!どうすればいい?
  • 正社員の面接に私服で行ったらどうなる?
  • パートの面接はどんな服装で行けばいい?
  • 面接用のスーツがない場合はワンピースでもOK?
  • 髪染め・ネイル・アクセサリーはNG?

面接用のスーツが入らない!どうすればいい?

スカートの留め具が閉まらなくなった場合は、安全ピンで隙間部分を留めてみてください。引っ掛けるタイプの留め具の場合は、安全ピンを掛けるようにすると対処できます。

ただ、安全ピンで対処できてもウエスト部分がスッキリ収まっていないため、バレてしまう場合があります。そのような場合は、ジャケットでウエスト部分をうまく隠しましょう。

裾が短いデザインだと隠れない場合もあるので「カーディガンを羽織る」「パンツスーツのジャケットに変える」など、あらゆる対処法を試してみてください。

正社員の面接に私服で行ったらどうなる?

面接時の服装の評価は、業界によって異なります。

アパレルやファッション業界の面接は、私服を指定される場合がほとんどです。面接官はコーデをチェックする目的があるため、スーツで行くと逆効果になるでしょう。

一般的な面接で服装の指定がない場合は、スーツで行くべきです。

面接の要件に合わせた服装を選択しないと、柔軟に対応できない人・社会性が低い人と判断される可能性があります

パートの面接はどんな服装で行けばいい?

先方から「私服でお越しください」と言われた場合は、ビジネスカジュアルを意識したコーデにしましょう。

Tシャツやジーンズなど、カジュアルすぎない服装が求められます。

面接用のスーツがない場合はワンピースでもOK?

ワンピースでも問題ありませんが、ジャケットを合わせるようにしましょう。

ワンピースだけでは、カジュアルすぎる印象を与えかねません。ジャケットを羽織ることで、全体の雰囲気がキュッと引き締まります。

全体に柄が入っているデザインは避けて、無地に近いワンピースを選ぶと良いでしょう。

髪染め・ネイル・アクセサリーはNG?

NGは業界により異なるため、判断が難しい場合、ネイルやアクセサリーなどは最低限に抑えましょう

結婚指輪を除き、リングや大ぶりなアクセサリーは避けてください。アクセサリーを付ける場合は、なるべくシンプルなデザインを選ぶのが無難です。

また、ラメ入りやストーンが乗ったネイルも面接向きではありません

ベージュ・薄ピンクなどのシンプルなワンカラーならあまり目立ちませんが、基本的にはネイルを落とすことをおすすめします。

髪色は、派手な色や明るすぎない程度であれば問題ありません

まとめ

面接用のスーツがない場合、上品さ・清潔感を意識したビジネスカジュアルコーデにすれば大丈夫です。

面接に適した服装を持っていない場合は、安価で高品質な女性用スーツを購入できる「ユニクロ」で揃えると良いでしょう。

アパレル業界は面接時に私服を指定するなど、業界により適正な服装が変わるため注意してください。

面接では、TPOに合わせたコーデでマイナスの印象を与えないことが大切です。今回の記事を参考に、ぜひ自分のコーデを見直してみてください。

就活カテゴリの最新記事