六番目の小夜子をもう一度見たい」「六番目の小夜子を見たいけど、再放送できないってほんと?

そのようにお考えの方には、一読していただきたい内容となっています。

そんなあなたに本記事では、「六番目の小夜子が再放送されるのかどうか?」について調査いたします!

結論、NHKの青春ドラマ「六番目の小夜子」は、再放送されていません。その理由としては、
・放送当時の視聴率があまり高くない
・視聴者からのリクエストが少ない

上記の2つの理由が上げられており、再放送できない状況になっています。

いますぐに「六番目の小夜子」を無料視聴したい方は、TSUTAYA DISCASの30日間無料トライアルの利用がおすすめです!

▼30日間無料トライアルで「六番目の小夜子」を全話無料視聴可能

▼「六番目の小夜子」を見れるのはTSUTAYA DISCASだけ

▼日本の人気ドラマが豊富

動画配信サービス 配信状況
TSUTAYA DISCAS
レンタルあり
30日間無料トライアル
Paravi ×
Hulu ×
U-NEXT ×
Abema TV ×
NETFLIX ×

「六番目の小夜子」はTSUTAYA DICASで視聴可能です!

TSUTAYA DISCASは30日間の無料期間があり、その期間中は全話無料レンタルできますが、DVDレンタルのためスマホでは見られません。

六番目の小夜子は再放送できない?真相を調査してみた!

ドラマ『六番目の小夜子』が再放送できない理由としては2つあります。

・放送当時の視聴率があまり高くない
・視聴者からのリクエストが少ない

これらの理由はあくまでも推測ですが、やはり視聴率が大きなものかもしれませんね。

そのため、NHKの青春ドラマ「六番目の小夜子」は再放送されていませんでした。今すぐに「六番目の小夜子」を観たい方は、TSUTAYA DISCASでDVDをレンタルしましょう。

六番目の小夜子を今すぐ視聴したいならTSUTAYA DISCASがおすすめ!
TSUTAYA DISCASは30日間の無料キャンペーンを行なっており、その期間中でも六番目の小夜子を全話無料視聴することができます!

TSUTAYA DISCAS

TSUTAYA DISCASのおすすめポイント
  • 30日間無料で利用可能
  • 無料期間中にいつでも解約できる
  • 旧作DVDを宅配で借り放題!
  • 新作と準新作が8枚まで無料
  • ジブリ作品が全部観られる唯一のサブスクサービス

TSUTAYA DISCASはDVDの宅配レンタルサービス。

観たい作品を選ぶと2〜3日でDVDが届くようになっており、DVDを見終わったら自宅近くのポストに投函したら返却完了となります。

他のサブスクでは視聴できない新作などの作品を観ることができる特徴があります。

TSUTAYA DISCASSでは30日間無料で利用できるトライアル期間があり、その期間に〇〇を全話視聴可能です。

30日間の無料トライアル期間で解約すれば、料金は一切かかりません

トライアル期間中なら見逃した〇〇の過去放送分だけでなく、その他の作品もレンタルすることができるので、他にに気になる作品がある人は試してみてはいかがでしょうか。

TSUTAYA DISCASの人気見放題作品

  • 義母と娘のブルース
  • 99.9-刑事専門弁護士-
  • いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
  • 俺の家の話
  • 劇場版コンフィデンスマンJP
  • マスカレード・ナイト
  • 竜とそばかすの姫
  • そしてバトンは渡された
  • 譲られなかった者たちへ
  • 下町ロケット
TSUTAYA DISCASのサービス特徴
作品本数 35万本以上
無料期間 30日間
月額料金 定額レンタル8…2,052円

定額レンタル4…1,026円

特徴 宅配レンタルサービス
運営会社 カルチュアエンターテイメント

六番目の小夜子の作品情報まとめ

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

放送年 2000年
話数 12話
放送局 NHK
キャスト 鈴木杏/栗山千明/山田孝之/村田雄浩/美保純/上杉祥三/勝地涼/松本まりか/山崎育三郎
主題歌 coba「六番目の小夜子」
関連サイト 公式サイトWikipedia

2000年に放送されたNHKの青春ドラマ『六番目の小夜子』は、”青春ドラマの傑作”として受け継がれているほどの人気ドラマです。

とある中学で語り継がれる不思議な言い伝え「サヨコ伝説」が軸の物語であり、3年に一度、「サヨコ」と呼ばれる役割に、ある生徒が選ばれることがきっかけとなり物語は進んでいきます。

そしてある日、女子生徒が転校してくるが、果たしてサヨコなのか?見どころが満載です。

六番目の小夜子の見どころ

六番目の小夜子の見どころは、なんと言ってもキャストが豪華すぎるというところでしょう。

全シリーズに登場するキャストだけでも「鈴木杏」、「栗山千明」、「山田孝之」、「松本まりか」、「勝地涼」といった有名俳優が勢ぞろいです。

また、豪華俳優陣が中学生役を演じているため、今の活躍されている姿とは異なり初々しさも味わえます。

さらに、津村沙世子役を演じる栗山千明さんの演技力が圧倒的で、見事に不思議な女子生徒になりきっているため、素晴らしい作品です。

ぜひ、現在の人気俳優陣の若き姿を堪能してみましょう。

六番目の小夜子の感想

六番目の小夜子を見ての感想は、豪華俳優陣が勢ぞろいしているためキャスト全員の演技力が高すぎるところに驚きました。

また、「六番目の小夜子」は学生時代を題材に構成された作品なので、どこか自分の学生時代を振り返ってしまう懐かしさを感じました。

さらに、出演している豪華俳優陣の若き姿が何よりも初々しくて可愛らしさも同時にありました。

ぜひ、みなさんにも初々しさを見てほしいシーンです。

六番目の小夜子のキャスト紹介

役名 キャスト名
潮田玲 鈴木杏
津村沙世子 栗山千明
関根秋 山田孝之
花宮雅子 松本まりか
平林塔子 平田裕香

六番目の小夜子のあらすじ|第1話〜最終話(全12話)

ここからは『六番目の小夜子』のあらすじ全12話をまとめていきます。

第1話:謎の高校生

潮田玲(鈴木杏)の通う中学校では、三年に一度、サヨコと名乗る生徒が選ばれて、三つの約束を果たす、という言い伝えがあった。玲は自分が選ばれたことにしたくて、始業式の早朝学校へ行くが、自分より先にサヨコらしき痕跡を残した生徒を見かける。それは津村沙世子(栗山千明)という転校生の疑いがあり、玲は隣に住む友人の関根秋(山田孝之)やバスケ部の友人花宮雅子(松本まりか)と協力して、サヨコの謎を解き始める。

第2話:亡霊

沙世子(栗山千明)にライバル心を燃やす玲(鈴木杏)は、花瓶を元の戸棚に戻すため、秋(山田孝之)と深夜の学校に忍び込む。そんな玲の行動は「深夜の学校にサヨコ出現!」とたちまちうわさに。玲は沙世子に呼び出され、日曜の学校へ。しかし沙世子も玲に呼び出されたという。サヨコをめぐる2人の会話は加藤(山崎育三郎)に立ち聞きされ、サヨコの正体がばれると大変なことになると聞いていた2人は口封じをすることに…。

第3話:見えない敵

玲(鈴木杏)は、自分たちがサヨコだと立ち聞きされ、加藤(山崎育三郎)を追いかけた夜のことを沙世子(栗山千明)に尋ねるが、口止め以外には何もしていないと言われる。一方、秋(山田孝之)は、沙世子の写真を撮り、卒業アルバムで亡くなった沙世子の写真と照らし合わすことを思いつくが、アルバムは図書館からなくなっていた。玲は、沙世子に「2人でサヨコ」をやろうと提案するが、それを聞いた秋は大反対する。なぜなら…。

第4話:謎のメッセージ

授業中のスライドに<二人のサヨコは、災いを起こす>との文字が浮かび、玲(鈴木杏)も沙世子(栗山千明)も驚く。玲は、昔亡くなった沙世子のことが気になるが、手がかりは無い。ある朝掲示板に、偽のサヨコのメッセージが貼られていて、さらに混乱。二人は新しい指令書にある『封印された物語』とはサヨコの台本のことじゃないかと考え、隠してあった棚を確かめるが、なくなっている。すると、佐野美香子(一色紗英)が現れ…。

第5話:不思議なうたごえ

四番目のサヨコ・佐野美香子(一色紗英)が、教育実習生として母校に現れ、入れ代わるように、沙世子(栗山千明)が学校に姿を見せなくなる。美香子は秋(山田孝之)に、私はサヨコを終わらせるために来た、と言う。玲(鈴木杏)は美香子にサヨコのことで相談するが、美香子は応じない。玲のクラスで美香子の授業中「津村沙世子は六番目のサヨコに負けた」というメッセージが広まり、玄関には再び赤い花と、新たなメッセージが…。

第6話:七夕の秘密

六番目の小夜子の二つ目の約束「文化祭で『サヨコ』という芝居を演じる」ために必要な花瓶が割られる。玲(鈴木杏)はサヨコを否定する美香子(一色紗英)の仕業を疑うが、美香子は違うと言う。玲のクラスは「サヨコ」上演を実行委員会に申し込み、サヨコが現れるかもしれない七夕を待つことに。沙世子(栗山千明)が久しぶりに登校して、あらためて玲とサヨコを待つ。七夕の夜、何かに誘われるように屋上へ上がった玲は…。

第7話:罠(わな)

消えたサヨコの芝居の台本を復元した、玲(鈴木杏)と沙世子(栗山千明)。実行委員会に届いた元の台本とのすりかえを画策する。文化祭の日も近づき、うたごえ喫茶の指導として、沙世子の祖母・ゆりえ(冨士眞奈美)が学校に来る。実行委員会からの校内放送では、今年のサヨコの芝居は全員参加と告げられる。玲と沙世子は何者かに割られた花瓶も直し、そのことを実行委員会に伝え、サヨコの妨害者をおびき出すことにする。

第8話:恐怖の文化祭(前編)

秋(山田孝之)は、玲(鈴木杏)が心配なのでサヨコを妨害した、と告白するが、そのすべてが自分の仕業ではない、と言う。文化祭初日のサヨコの芝居の上演日、体育館に全校生徒と黒川先生(村田雄浩)らがそろい、なぜか沙世子(栗山千明)の祖母・ゆりえ(冨士眞奈美)も。そして実行委員会から芝居は一人一人が短いセリフを続けてしゃべる「よびかけ」という形式だと発表され、玲が自分のセリフの紙を見ると、そこには…。

第9話:恐怖の文化祭(後編)

文化祭の「サヨコの芝居」は、「六番目のサヨコ」の部分になったとたん、烈風が体育館に吹き込み、大パニックになるという惨事で幕を閉じた。玲(鈴木杏)は、騒ぎの中、舞台上に沙世子(栗山千明)の姿を見た気がしたが、それは誰にも言えない。クラスの皆が沙世子のせい、と決めつける中、それは違う、と玲は言い張るが、そんな玲に皆がどういうことだと詰め寄ると、加藤(山崎育三郎)が遮る。その日の終わりの学活で…。

第10話:サヨコはここにいる

自分が六番目のサヨコだという玲(鈴木杏)の告白に、クラスメートは大爆笑し、だれも信じない。そんなとき、玲はサヨコの舞台の台本の秘密に気がつき、秋(山田孝之)は、一番目のサヨコの目星をつける。玲はサヨコのことを雅子(松本まりか)に相談するが、雅子は取り合わない。そこで、玲は黒川先生(村田雄浩)にワープロのことを確かめようとするが、黒川はもう学校を出た後。翌日、秋は朝の学活で、黒川を問いただすが…。

第11話:サヨコの正体

秋(山田孝之)の問いかけに黒川(村田雄浩)は一番目のサヨコだったことを認める。そして玲(鈴木杏)と沙世子(栗山千明)も自分たちが「2人のサヨコ」だったと話す。秋は、どうしてこんなことを始めたのか黒川に聞く。黒川はその場では答えないが、放課後、秋、玲、沙世子、雅子(松本まりか)にサヨコの歴史を語って聞かせる。ただ、黒川の話を聞く限り、黒川は妨害はしていなかった。サヨコの資料を処分するために雅子は…。

第12話:そして扉が開く

燃え上がる校舎。秋(山田孝之)は、中にいた弟の由紀夫(勝地涼)を助けるため、校舎に入る。玲(鈴木杏)はサヨコの台本や花瓶を持ち出そうとして、棚の下敷きになってしまう。そのとき沙世子(栗山千明)が駆けつけ、二人で力を合わせれば助かる、と言う。二人は手を取り合って逃げ、炎と煙に巻かれて進めなくなるが、なんとか逃げ出る。偽のサヨコは、雅子(松本まりか)の仕業だったことがわかり、玲たちは新学期を迎える。

六番目の小夜子の再放送予定 まとめ

2022年12月現在で、六番目の小夜子の再放送の予定はありません。

ただし、TSUTAYA DISCASを利用すれば、登録から30日間無料トライアルで六番目の小夜子を全話無料視聴できます。

その他にも様々な種類のドラマ・アニメ・バラエティ番組・映画を視聴することが可能です。

六番目の小夜子の見逃し配信を無料視聴したい時は、TSUTAYA DISCASを利用ください。

本記事を参考にNHKの青春ドラマ「六番目の小夜子」を観ましょう。

おすすめの記事